みんなのプロジェクトマネジメント

メンバーが、リーダーが、マネージャーが、プロジェクトマネジメントを使いこなす。

(情報処理技術者試験)プロジェクトマネージャ試験

来週から、春の情報処理技術者試験の申し込みが開始となります。
春は、当ブログにも関連の深い、「プロジェクトマネージャ試験」が実施されます。
私も、2014年の春に受験し、無事合格しました。
今回は少し趣向を変え、プロジェクトマネージャ試験の受験記、および学習方法などを紹介したいと思います。


【受験理由】

当時の出向先で、プロジェクトマネジメントの知識を使って、成果を出している管理者と出会いました。

成果を出すコツが、プロジェクトマネジメントにあるのでは?と考え、学習を始めました。
(これが、プロジェクトマネジメントとの出会いでもあります。)
そして、せっかく学習するなら何か目標を、ということで、受験することとなりました。


 【学習期間】

決意してから受験するまで、結局1年半を費やしました。
試験が年1回なので、1回見送った結果、この期間となりました。
期間中、仕事も忙しかったですが、地道にコツコツ学習を進めていました。


【学習方法】

○参考書
学習の指針となるテキストは、「情報処理教科書 プロジェクトマネージャ」を選択しました。

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版

午前・午後の両方を網羅していること、
テクニックや解説も豊富であることなどが選定理由です。
後で知ったのですが、ネット上でも一押しのテキストとして紹介されています。
自分も使用してみて、とても良書だと思いました。

また、回答を導き出すのに、PMBOKの知識も必要になってくるため、
以前買った、「プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門」を引っ張りだして読み込みました。

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

 

あとは、先輩からPMP試験のテキストを借りて読んでました。
これらの読み込み→過去問→再度、不足しているところを読み込み、
というように、学習を進めました。


○午前1(50分・選択式・30問出題)

前提知識として、これまで何回か受けていた高度試験の積み重ねがあり、
それに加え、過去問6回分を3週実施しました。
午前1は範囲も広いですので、過去問を中心に学習を進めます。
各回、8~9割正答できるようになるまで、暗記する勢いで学習しました。
空き時間30分でも1回分できるので、寝る前に1回分、という感じで実施してもよいと思います。

試験本番のペース配分としては、「1問当たり1~1.5分」となります。
1問に10分とかかけてしまい、後半の問題ができなかった、などが無いようにしましょう。
難しい問題は後回し。


○午前2(40分・選択式・25問出題)

ここから、プロジェクトマネージャ試験独自の学習が必要となります。
参考書の紹介のところの通り、テキストの読み込みをベースとして、
あとは過去問を中心に進めました。
こちらも、過去問6回分を3週実施
進め方は午前1と同じです。

試験本番のペース配分は、こちらも「1問当たり1~1.5分」です。


○午後1(90分・記述式・3問中2問選択)

午後問題は、知識だけでなく慣れやテクニックも必要となってきます。
過去問を実施しながら、回答のコツを掴んでいくようにしましょう。
過去問6回分を、2週実施しました。
解答とPMBOKを照らし合わせて、このようにPMBOKを使う、ということを確認しながら学習しました。
ここに一番時間をかけたような気がします。

形式としては、数ページの問題文を読んで、その内容について、文章で回答する、というものとなります。
国語の試験です。
ですので、問われていることを回答する、というのが基本になります。

具体的には、
・EVMを採用することで、問題を解決できると判断した理由は何か。
 →進捗の進み・遅れを、数値で判断できるから
・早い段階で利用部門に参加してもらうようにした目的は何か。
 →プロジェクトへの参加意識を高めるため
・M課長がチームに出した指示は何か
 →遅れを回復するためのリカバリプランを策定すること
・M課長は、作業時間管理の仕組みをどのように変更したか。
 →タスク別に時間を管理するように変更した
というように、問われていることが記載すべき回答となります。
「理由は何か」に対して、「~するように変更した」は、回答になり得ません。

また、回答すべき内容は、本文中に書かれていることが多いです。
自分で解決策を導き出すのではなく、本文に記載されている問題点を見つけ出し、
それを回答する、という感じになります。
これが、知識だけではなく、テクニックが必要、という所以となります。
※そうでないと、採点できないからでしょうね…。
※まれに、知識を問う問題もありますが、数は少ないです。

・過去のPJでは、しばしば遅れが発生していた。
 →なので、EVMを採用して、解決しようとした。
・ユーザ部門の参加意識が低く、後工程での仕様変更が頻発したことがあった。
 →なので、早い段階から参画してもらうようにした。
・BチームのSPIが「0.8」であった
 →なので、リカバリプランを立てる必要があった
という感じです。

以上より、問題点を見つけることが重要であり、
ここにPMBOKの知識が重要となってきます。
まずは設問を読み、対応する本文の箇所の周辺で、問題となりそうな点を抽出する、
というのが回答テクニックとなります。

試験本番のペース配分は、
問題選択に5分、
1問目に40分(その中でさらに配分する。設問1~3なら13分・13分・13分。)、
2問目に40分、
最後の5分で見直しを行う、という風に進めるとよいと思います。


○午後2(120分・論述式・2問中1問選択)

※午後2の論文の例を書きました。参考になればと思います。 

ksk-2g.hatenablog.jp

 

午後2試験は、短い設問に対して、経験と知識に基づいた、2,400文字~3,200文字の論文を作成する形式となります。
2時間で、手書きで原稿用紙6~8枚を埋めるという、大変な試験です。
しっかり対策しないと、さっぱり書けずに終わってしまいます。
私がやった学習としては、
論文の概要(問題文を読み、章立てと骨子、および記載ポイントを書いたもの)を15問分作成、
概要を読みながら、規定文字数に膨らませるのを3本分、
実際に時間を測って、手書きで論文を3本作成しました。

まずは、問題文から概要を作成し、章立て、および設問に対する論述ができるように練習を行いました。
概要の作成は、得意な分野だけではなく、色々な分野を作成するようにしましょう。
自分が参加したPJ、見聞きした問題点をフル活用し、論文に使えるケースを準備します。
(となりの部でこんな問題が起こっていた、というのも活用できます。)

論述する際は、まず不都合な状況(制約・問題点)を書いてから、
それを解決するために実施したこと(これは、問題文にいくつか例示されている)を書くとよいです。

具体的には、
・不都合:過去のPJでは、実コストが見積もりを大きく超過し、赤字PJとなることがあった。
  そのため、経営者より、見積もりの制度を上げることが強く求められていた
・実施したこと:過去の赤字PJでは、予定した生産性が出ていないことが散見された。
  以上より、見積もりの精度を向上する必要があり、生産性をプロジェクトの特徴を踏まえ、修正することとした。
   ※ここは、問題文に記載されている例をそのまま利用する
  具体的には、過去のPJを分析して、作業に応じた適切な生産性を求めることとした。
  その結果、難易度の高い、システム間連携に関する改修は、標準の生産性に「0.5掛け」、
  改修の経験が豊富である、業務プログラムの改修は、標準の生産性に「1.2掛け」を行うこととした。
という感じになります。

さらに、論文をレベルアップさせるためには、「知識・キーワードを入れる」とよいと思います。
例えば、「ファストトラッキングを実施した」だけではなく、
・追加コストが発生しないため、優先的に採用することとした
・後戻りのない機能を厳選した上で、実施した
といった知識を入れると、合格レベルの知識があることを、採点者にアピールできます。

こういった観点で、概要を作成します。
いくつか作成できたら、400文字・600文字といった、必要な文字数に膨らませる練習を行います。
どうしても文字数に満たない場合は、もう一つ観点や実施したことを追加するなどが必要となります。
これができたら、概要なしの状態から、時間を測って手書きをしてみましょう。

試験本番のペース配分は、
問題選択に5分、
章立て、骨子作成に30分(ここが土台となります。しっかり時間をかけ、頭の中で論文を完成させます。)、
設問アに20分、設問イに45分、設問ウに20分(ここはとにかく書きまくるだけ!)、
最後の5分で見直しを行う、という風に進めるとよいと思います。

実際に書いてみると意外に書けないのが、設問アの「プロジェクトの概要・特徴」です。
ここに時間を食うのはとてももったいないです。
すらすらと書けるよう、しっかり対策しておきましょう。


以上、私が受験したときの学習方法と、学んだ解法テクニックとなります。
これから受験する方にとって、役に立てばと思います。